こんにちは。

スタッフ:下城です🙌

 

今回は「食」について書いてみます🥣🥢

 

院長から治療の際に

 

「コレは飲食があかん!」

 

と言われた事がある方!ぜひ読んでみて下さい!!(笑)

(私も院長から指導を受けるときがありますが、、、(笑))

 

 

皆様は、

普段ご飯🍚とパン🍞どちらをよく食べられますか?

 

今回は東洋医学的視点から

“ご飯”と”パン”の違い

を簡単に説明していきたいと思います!

 

まず、

 

◯ご飯

収穫されたお米に水分を加えて炊いたものである。

 

◯パン

小麦に砂糖や塩、油脂などを加えて作った加工品である。

 

ココでの相違点は

パンは

・”小麦を練る”という過程がある

・ご飯よりも乾いている

 

こちらの二点です。

 

食べものを消化吸収していく過程で、

パンは

“練る”+”乾いている”(スポンジみたいな物で水分を吸収しやすい)

という観点から東洋医学的には“湿邪”を溜めやすいです。

 

※湿邪とは?

⇓ クリックすると過去のブログ記事を見ることが出来ます。

”湿邪”とは何やつ!?(下城)

 

また、パンはご飯と比べ、

相対的に噛まずに食べてしまいがち

です。

口の中からすぐに無くなってしまう為、

知らぬ間についつい食べ過ぎてしまう事が多い

のです😅

 

さらに現代社会では甘いパン・菓子パン・油物で揚げてあるパン等

昨今、様々なパンがありますね〜🍞🥐🥖

 

それらを食べ過ぎてしまうと“湿邪”が更に身体の中で増え

“湿熱”になり、更には五臓の“脾”を傷めてしまうこともあり、

身体の様々な不調を起こす引き金となってしまいます💦

 

例えば:

身体がだるい・重たい・浮腫む・朝起きにくい等

が起きやすくなります。

 

“質”に加えて、“量”も気をつけましょう。

院長がいつも言われている「腹八分目」ですね。

 

日本で米が主食になった理由は、

稲が日本の気候に適しており、なおかつ沢山収穫できたからです。

やはり、その土地にあった食事が身体に良いのです🍚

 

これから6月に入ると梅雨の季節☂️となり、

外から“湿”の影響を受けます。

 

身体の中に“湿”を貯めない為にも

出来れば日本人にあった食生活。

 

“パン食よりも米食”

をオススメします!

(パンが絶対にダメと言っている訳ではありませんよ😇笑)

 

食べ物としてチカラを持っている物は

「噛めば噛むほど味が出る」ものです。

 

“医食同源”

 

普段の食事が身体を作ります。

日々、健康のためにも“お身体に合った食事”を心がけましょう。

 

まずは、何を食べるにしても

・しっかり噛んで食べること

・腹八分目でお箸をおくこと

を意識して日頃から“良いもの”を”楽しんで”お食事してみて下さい🥢

 

 

※今回は東洋医学的な視点から、

お米のご飯と小麦のパンを対比しましたが、

この視点だけでではなく、西洋医学的にも、

「遺伝子組み換え技術で改造された現代の小麦は、血糖を上昇させる作用が強い。

血糖が高い状態が続くとインスリン抵抗性を起こし、体を「老化」させる。」

といったことが知られています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、近くで行われていた音楽フェスに行ってきたお写真を1枚🎸

 

ビールが美味しい季節ですが、こちらも飲みすぎは注意です🍺(笑)

(身体の中での“湿気”が溜まる為です🍻)

 

それではまた〜🙌