診療案内・よくある質問

  • HOME
  • » 診療案内・よくある質問

診療時間

待合室・ベッド・ヒアリング室

9:00~12:00 × ×
17:00~20:30 × ×
13:30~15:00

※日曜・祝日は休診です。月曜日が休みの週の火曜日は終日診療いたします。
※研修等の都合により臨時休診させていただくことがございます。その際、HPのお知らせ欄にてお知らせいたします。

施術料金

《 本院 料金改定のお知らせ (2015年10月5日より適用) 》
平成6年の開業以来、消費税が3%→5%、5%→8%となる中、料金を改定せずに参りましたが、今後消費税10%への引き上げも見越し、移転を機に再診の料金を改定し1,000円値上げさせていただきました。

初診料 再診料
小学生未満 6,000円 2000円
小学生 7,000円 3,000円
中学生 8,000円 4,000円
高校生以上 10,000円 5,000円

はじめての方へ

  • 当院は完全予約制となっております。必ず事前にお電話でご予約ください。
  • ご予約のお電話の際、受診にあたってのご説明をさせていただきます。
  • さまざまな症状・疾患に対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

初診時の流れ

治療風景

1. 来院・記帳・お会計

「おはようございます」「こんにちは」スタッフがご挨拶いたします。

受付にある記帳用紙にお名前をご記入いただき、お会計を済ませてください。

2. 予診票記入(約20分)

予診票にお名前・ご住所、基本的なお身体の情報について記入いただきます。(北辰会専用カルテ)

3. 問診(約90分~120分)

根本から治すために、お困りの症状をはじめ、今までの生活状況などについて、予診票をもとに詳しくお聞きします。
十分時間をとりますので普段、医療機関ではお話し出来ないこともご遠慮なくお聞かせください。
また一般の認識ではお身体に直接関係がないと思われる事柄についてもお尋ねすることがありますが、東洋医学的な診断には必要な内容となりますので、ご協力をお願いします。

4. 体表診察~鍼灸施術(約30~40分)

ベッドにご案内します。

お顔や舌の色、手足の重要なツボ、お腹や背中を詳しく診察(体表観察)し、問診情報と照らし合わせて東洋医学的に診断(病因病理構築~弁証論治)して必要な施術を選択し、鍼あるいは灸の処置をします。

5. 説明・養生のご案内(約10分)

東洋医学的に診た現在のお身体の状況や治療内容、普段心がけていただくこと、来院のペースなどをご説明いたします。

6. 次回のご予約

7. 休憩(約20分)

休憩室で20分ほどご休憩頂いた後お帰りください。

 

以上初診時の内容(約3時間)です。どうぞお時間にゆとりを持ってご来院ください。

初診時にご注意いただくこと

1. 脱着しやすい服装でお越しください。

  • 女性の方はお腹と背中全体が診やすいようにワンピースは御遠慮いただき、バックホックの下着でお願いします。
  • 肘・膝までまくり上げられる服装
  • 着替えを持ってきていただき、治療前に着替えていただいても結構です。

2. 病院等で処方されているお薬をお持ちください。(処方箋でも可)

3. 必要に応じて医療機関での血液検査結果やレントゲン・CT画象などをお持ちいただくようお願いすることがあります。

4. お顔や爪の色つやも大切な情報となります。ノーメイク、または薄いお化粧で。マニキュアも落としてお越しください。

5. 舌の色はとりわけ大切な情報です。舌に色がつくような飲食物(コーヒー、ジュース、着色料のきつい飴やタブレット、カレー、仁丹など)は、前日の夜から避けておいてください。

6. 十分時間に余裕をもってお越しください。

再診時(2回目以降)の流れ

1. 来院・記帳・お会計

予約カードをご提示いただき、記帳用紙にお名前を記入して、お会計を済ませてください。ご案内させていただくまで待合室で静かにお待ちください。

*鍼治療の前に必ず呼吸の状態・と脈の状態を診察いたしますので、慌てず時間にゆとりをもってお越しください。

2. ベッドへご案内

ご案内しましたら、靴下を脱いでお腹、背中を露出しやすいよう衣服を緩め、あお向きになって休んでお待ちください。

予約時刻にご案内できるよう努力しておりますが、多少お待ちいただくこともあります。ご了承くださいませ。
(緊急を要する患者さんがおられた場合、順序が前後する場合がございます。)

3. 体表診察~鍼灸施術(約30分)

4. 休憩・お会計・次回予約

休憩室で20分ほどお休みいただいてから、退出ください。

おおよそ来院から1時間弱で当院を退出していただけますが、予約状況やお身体の状態から1時間を超過してしまう場合もあります。ご理解とご了承のほど、お願い申し上げます。

治療を受ける際のその他の注意事項

治療の前後は出来れば2時間以上、最低でも1時間は食事はお控えください。

治療の妨げになり他の患者さんのご迷惑にもなりますので、治療中の携帯電話のご使用はご遠慮ください(メール含む)。

治療後当日は過激な運動はお控えください。

治療後当日の飲酒はお控えください。

基本的に、治療を受けた当日は入浴を控えてください。

個人情報守秘義務について

  • 当院は、個人情報保護の重要性を深く認識し、個人情報保護の基本方針を以下のように定め、個人情報保護に努めます。
  • 個人情報保護に関する法令及びその他の規範を遵守し、個人情報の保護に努めます。
  • 個人情報の収集、利用及び提供を行う場合には、法令等に基づき、安全かつ厳正な管理に努めます。
  • 収集した個人情報は、あくまでも利用者の健康の益となる目的の範囲内でのみ必要とします。
  • 当プライバシーポリシーは、見直しの必要性が発生した場合、適宜改善を行います。

よくある質問Q&A

治療をした日に入浴してもいいですか?

入浴すると治療の効果が落ちてしまうので、治療を受けた当日は入浴を控えてください。また、入浴してから来院して頂くことは問題ありません。

治療後、お酒は飲んでもいいですか

飲酒すると治療の効果が落ちる場合や症状がはっきり出てしまう場合がありますので、治療を受けた当日は出来るだけ飲酒を控えてください。

場所はどこですか?

“和泉市役所北交差点(旧井ノ口交差点)”から30号線(旧13号線)を和泉市役所に向かって進んでください。50mほど先右手に3階立ての白い建物があり、その1階です。(ごとう歯科さんのその先になります)

バスで行く場合、どのように行ったらいいですか?

最寄りのバス停は“和泉市役所前”です。バス停から当院までは徒歩30秒程です。

駐車場はありますか?

当院のビルのすぐ横が駐車場です。AUさんと共用になっております。

他所の鍼灸院よりも鍼の数が少ないようですが効果はありますか?

詳しくお話を聞き、お身体を診て病の本質をしっかり捉えた上で最終的に病の根本に対して鍼をする場所を選びます。より少ない鍼のほうが効果が大きいのです。

鍼治療が怖いのですが痛くないですか?

治療の際使用する鍼は、髪の毛より細い鍼を使い、鍼を刺す深さも数ミリです。刺す場所によって痛みに対する感受性が異なるため、多少感じることもありますが、ほぼ痛みはありませんのでご安心ください。

また、体質・体調によって痛みに対する感受性が異なります。必要に応じて刺入することがない接触するだけの鍼で治療する場合もございます。

また、刺入する鍼は使い捨ての鍼を使用いたしますので、感染の心配はありません。

何回ぐらい通えば良くなりますか?

お身体の状態によって異なります。1~2回の治療で良くなることもあれば、時間のかかる場合もあります。初診の時点で、あるいは、数回治療するなかで反応をみてある程度判断しお伝えいたします。

どのくらいの間隔で通ったらいいですか?

適切な治療頻度で通院いただくことにより効果積み上げて慢性疾患をも治してゆきます。
個々の症状や病態にもよりますが、初めのうちは週2・3回のペースで通っていただくことが多いです。症状が良くなってきたら週に1回や2週間に1回のペースになります。

 

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0725-90-5680 9:00~20:30(日祝休 ※詳細は診療案内をご覧ください)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加